FC2ブログ

時計屋復刻堂ブログ

スタッフが贈る珍情報満載のブログをお楽しみください

Neneです。

どうしても朝に弱いです。
そしてお決まりの言い訳は
「血圧が低いから起きれない・・・。」です。
なので朝はバタバタです。
根性があれば朝も早く起きれるかと思うのですが・・・・。
基本的にヘタレな私です。

今日は時計の修理工具を紹介させていただきます。
コチラの工具。
DSC_1251.jpg
こちらは薄型時計に多いはめ込み式裏蓋を開閉する時に使用する工具です。
時計本体と裏蓋の隙間から入れてこじ開けます。

その名も「(裏蓋)こじ開け」。

なんだかネーミングがそのまんま~。
(実際にあけている様子を写真に収めていないため、
お見せ出来ずに申しわけありません!!)

非常にシンプルな形のものですが、
コレでも時計修理に必要な小道具の一つというわけなんですね!


時計屋復刻堂HPはコチラ
お問い合せは、E-mail・TELにて承っております。
E-mail:info@fukokudo.com
TEL:0263-73-5581
FAX:0263-72-9540
営業時間:9:00~18:00
定休日:日祝祭日




時計屋復刻堂HPはコチラ

お問い合せは、E-mail・TELにて承っております。
E-mail:info@fukokudo.com
TEL:0263-73-5581
FAX:0263-72-9540
営業時間:9:30~18:00(月~金)
     10:00~18:00(土・祝日)
定休日:日曜日

kizunaHP_20120920102331.jpg

2012.02.09

時計の腐食

Neneです。

毎日朝がバタバタです。
いつもより早く起きても結局はバタバタです。
何でだろう・・・。

さて、コチラの時計。
先週修理をさせていただいたグランドセイコーです。
中にはグランドセイコーの文字が刻まれ、
裏蓋にもしっかり模様が刻まれているとても素敵な時計です
image.jpg

ところでコチラの時計、
裏蓋のふちについている黒い汚れが見えますか?

実はコレ、腐食されてしまった箇所なのです。
GS1.jpg
時計が腐食してしまう原因には汗などいろいろな要因がありますが、
コレを放置してしまうと、
どんどん腐食が進み、せっかくの防水が利かなくなってしまいます

このような機械式時計の場合は、日ごろのお手入れも大切ですが、
数年に1回時計技術者のいる修理店やメーカーでお手入れしてもらうのがお勧めです。

ちなみに当店では電池交換の際
必ず汚れの掃除と、パッキンのチェック
ならびに防水チェックサービスで行わせていただいています!

せっかくの素敵な時計、
なが~く使えればもっと素敵ですよね!

時計屋復刻堂HPはコチラ
お問い合せは、E-mail・TELにて承っております。
E-mail:info@fukokudo.com
TEL:0263-73-5581
FAX:0263-72-9540
営業時間:9:00~18:00
定休日:日祝祭日 時計屋復刻堂HPはコチラ

お問い合せは、E-mail・TELにて承っております。
E-mail:info@fukokudo.com
TEL:0263-73-5581
FAX:0263-72-9540
営業時間:9:30~18:00(月~金)
     10:00~18:00(土・祝日)
定休日:日曜日

kizunaHP_20120920102331.jpg

このブログにアクセスして頂いている皆さん更新が遅れてすみませんでした。
しばらく出張で留守にしておりました。その内容もブログで公開できればどのような反応があるか大変興味深いものですがちょっとしばらくは機密事項としたいので後々アップすることにします。
楽しみにしておいてくださいね。
ところでこの表題の記事ですが前回まで凄い時計だという内容をお伝えしましたが分解調査をしてもやはり今までとは少し違いました。

seagull分解写真

やはりヨーロッパの物や日本の高級品よりは仕上げの質は落ちます。しかし、この時計の価格からすると約1/10の価格でこの品質はなかなかです。
しかも、以前の物は時計の品質に関わる部分にも問題が有りましたが、それは大分改善されています。例えば加工後のバリだとかメッキ溜まりが比較的良い状態でした。
でも、やはり仕上げされている面に多少の傷は見られました。この傷の大きさや量が高級品と差が有るところでしょうか?
それにしても恐るべしです。この時計ももう少しデザインが良ければ輸入して紹介したいところです。
 どうです皆さんご希望有りますか?

時計屋復刻堂HPはコチラ

お問い合せは、E-mail・TELにて承っております。
E-mail:info@fukokudo.com
TEL:0263-73-5581
FAX:0263-72-9540
営業時間:9:30~18:00(月~金)
     10:00~18:00(土・祝日)
定休日:日曜日

kizunaHP_20120920102331.jpg

Seagul+MV1_convert_20101210123417.jpg
Seagul+MV2_convert_20101210123608.jpg

これが今まで紹介した中国製機械時計のムーブメントになります。
このムーブメントもその性能と同じく今まで見てきた物と異なって見えます。

まず、感じたのは過去見てきた物と比較し天輪が少し大きくなっているし薄くなっていることです。
これはメーカーが同じでも多く種類のキャリバーを持っているのでその機種独特のものかも知れませんが今までに無かった物です。

まだ、ざっと見ただけなのでこれから分解してみます。 時計屋復刻堂HPはコチラ

お問い合せは、E-mail・TELにて承っております。
E-mail:info@fukokudo.com
TEL:0263-73-5581
FAX:0263-72-9540
営業時間:9:30~18:00(月~金)
     10:00~18:00(土・祝日)
定休日:日曜日

kizunaHP_20120920102331.jpg

とりあえず下の写真を見て下さい。この時計凄いです。

何が凄いかというと精度がとても良いのです。
過去、様々な中国製のメカムーブメントを見てきましたがこれはそれまでの物と全然違います。正直驚きました。

seagull 平

全巻きの状態で歩度測定は6姿勢全てやりましたがどれも10秒以内です。
平の状態では振り角が307度で縦が250度くらいと差が少し大きめかなと思いますが比較的どの姿勢でも安定していました。
これは間違い無く職人の手が入っています。中国製というと良いイメージが無かったのですがいよいよここまできましたか。

これから、もう少し測定をしてから、いよいよムーブメントを見ていきたいと思います。
時計屋復刻堂HPはコチラ

お問い合せは、E-mail・TELにて承っております。
E-mail:info@fukokudo.com
TEL:0263-73-5581
FAX:0263-72-9540
営業時間:9:30~18:00(月~金)
     10:00~18:00(土・祝日)
定休日:日曜日

kizunaHP_20120920102331.jpg

プロフィール

時計屋復刻堂

Author:時計屋復刻堂











【住所】
 長野県安曇野市豊科2300-1
 TEL 0263-73-5581
 FAX 0263-72-9540

【店舗営業日はこちら】 >>

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
1150位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スタッフブログ
122位
アクセスランキングを見る>>

訪問ありがとうございます。

Copyright ©時計屋復刻堂ブログ. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.